BOOK
NOW
CLOSE
カレンダーから選択

Check In

Check Out

ARCHITECTURE
現代に甦る
京都の伝統建築「京町家」。

伝統と現代テクノロジーが交叉する
ラグジュアリーな空間。

このMOGANAの空間は、
日本を代表する建築家の一人、
山口隆によってデザインされました。

これまでの建築概念に固執することなく、
歴史的で最も重要な
京都の敷地の特徴である「鰻の寝床」を
38メートルの長い格子の通路空間再構築し、
最新のテクノロジーによる光の演出と
音楽の演出によって、
客人を迎え、
内部へといざないます。

空間全体に散りばめられた幾つもの仕掛けによって、
京都の文化を知り、
過去と未来の
日本の文化を理解すること、すなわち、
真の日本の理解が得られること。

これが建築家 山口隆と共に、
私たちが建築に込めた願いです。

山口 隆

山口 隆

建築家、建築理論家。山口隆建築研究所主宰。
1953 年生まれ。京都大学工学部建築学科卒業。
京都大学、パリ・ラ・ヴィレット建築学科、ミラノ工科大学、清華大学、同済大学、プリンストン大学、MIT などでレクチャーをおこなう。
東京大学客員研究員、ハーバード大学客員研究員 、コロンビア大学客員教授を経て、現在、大阪産業大学大学院工学研究科教授。
主な受賞として、日本建築設計学会賞(2018)、ベネディクタス賞入賞・大賞受賞(2001)、バルバラ・カポキン賞(2005)等。