EN
ご予約戻る
MOGANA

March 2, 2019

御食国、淡路島より話題の料理人、「緒乃」が奏でる春の味覚を堪能

2019年5月2日~6日までホテル内のBARにて、御食国と呼ばれた淡路島の新進気鋭の日本料理店、「緒乃」が淡路島の高級食材を運びこみMOGANAのゲストのためだけに期間限定で2階のMOGANA Barにて料理を振る舞う「MOGANA緒乃」の割烹付きプランを販売いたします。

開催日 2019年5月2日〜5月6日
 各日2部制(17:30からと20:00から)となっております。
残席わずかとなっています。お問い合わせくださいませ。
場所 MOGANA Bar (MOGANA 2F)
料金
  • おひとり様 20,000円 (税込・宿泊料金別)
お問い合わせ 075-606-5281 (MOGANA)
※受付時間:10:00〜18:00
Email: contact@yadomogana.com

「緒乃」料理人:小野孝太。淡路島生まれ淡路島育ち

淡路島に3代続く日本料理屋を継ぐ。淡路島の恵まれた食材の良さを存分に生かしたオリジナリティあふれる料理が食通の間で話題となり、遠方からも淡路島にお客様が訪れる名店に。
お客様の強い要望により、芦屋市に完全予約制の出張料理店「芦屋緒乃」を週末限定でオープン。

2019年2月~4月には、さらに食通の集まる大阪北新地に平日夜期間限定の「北新地緒乃」をオープン。

昼網で仕入れた魚や漁師内でしか手に入らない食材を「淡路島の高級食材は淡路島を熟知した最高の料理人が調理すべき」をモットーに淡路島への愛とお客さまへの想いを込めて提供します。

緒乃の淡路島割烹料理メニュー例

淡路島の旬の食材のすべてを知る緒乃が、その時々の漁場に寄り添う食材を使い、最高の形でお客様にお出します。ゴールデンウィーク時期では、淡路島の特産品である「はも」、「由良うに」「タコ」や「アナゴ」「鰆」など、その日の水揚げを見ながらご用意する予定です。※食材の提供に関しましては、仕入れの状況により変動がございます事をご了承くださいませ。

『装いを愉しむ』

"装い"とは、
身なりや外観を美しく飾り整えること。
佇まいや趣。
出発の準備をすること。

そんな装いを愉しむ場所があればいい。MOGANAには、古語"もがな"が有する「~であればいいなあ」という願望や
実現を願う意が込められています。

装いを愉しむということは、日常を愉しむということ。
日常を愉しむということは、日常を豊かにしていくということ。
日常が豊かになると、人生はより豊かになっていく。

私たちは、その信念のもと、
「この旅が人生をより豊かにするきっかけとなれば」、

「MOGANAとの出会いが、日常を愉しむきっかけとなれば」という想いを込めて、
"装いを愉しむ場所"MOGANAを創造します。

日本の美意識に裏付けられた“装い”。
現代的なセンスに満ち溢れた空間デザイン。
様々なブランドミックスによる調和と美しさ。
ExclusiveでかつOriginalityに溢れたハイブリッド型Contents・・・・・・。

MOGANAは、新しい自分に出会うためのきっかけを
提供していきます。

現代に甦る京都の伝統建築「京町家」。
伝統と現代テクノロジーが交叉するラグジュアリーな空間。

これまでの建築概念に固執することなく、歴史的で最も重要な京都の敷地の特徴である「鰻の寝床」を
38メートルの長い格子の通路空間に再構築し、最新のテクノロジーによる光の演出と音楽の演出によって、
客人を迎え、内部へといざないます。

空間全体に周到に散りばめられた幾つもの仕掛けによって、京都の文化を知り、
過去と未来の日本の文化を理解すること、すなわち、真の日本の理解が得られること。

これが建築家 山口隆と共に、私たちが建築に込めた願いです。

Contact

Address: 〒 604-8276 京都市中京区小川通御池下ル壺屋町450
Tel: 075-606-5281
カレンダーから選択
部屋タイプから選択

Check In

Check Out